建物の耐久性は、住まいの安全性を大きく左右します。

doutekitop.jpg

地震列島と呼ばれる日本。これまでも、阪神淡路大地震・新潟県中越地震・宮城県沖地震など、多くの人命が失われる震災に見舞われてきました。
予想される大地震に備え、住宅の耐震診断や耐震補強工事を行うことは、そこに住む人の命に関わる大変重要なことです。しかし、現状では、木造住宅の耐震化はなかなか進んでいません。

動的耐震診断システムは、『建物の安全性がもっと具体的に表示され、なおかつ耐震改修工事の効果が目に見えるようになれば、もっと耐震改修が促進されるのでは』という声に応えるべく、開発されたシステムです。
住まいの安全を確認するためにも、一度しっかり診断してみませんか?

なぜ動的耐震診断が必要なの?

地震列島と呼ばれる日本。これまでも、阪神淡路大地震・新潟県中越地震・宮城県沖地震など、多くの人命が失われる震災に見舞われてきました。
予想される大地震に備え、住宅の耐震診断や耐震補強工事を行うことは、そこに住む人の命に関わる大変重要なことです。
しかし、現状では、木造住宅の耐震化はなかなか進んでいません。
動的耐震診断システムは、『建物の安全性がもっと具体的に表示され、なおかつ耐震改修工事の効果が目に見えるようになれば、もっと耐震改修が促進されるのでは』という声に応えるべく、開発されたシステムです。

住まいの安全を確認するためにも、一度しっかり診断してみませんか?

動的耐震診断で何がわかるの?

動的耐震診断でわかることは、木造住宅の耐震性を判断する上で、もっとも大切な、『建物全体の硬さ(揺れやすい建物かどうか』『建物各部の硬さのバランス(揺れ方のバランス』です。
これらは、小さな地震にも大地震にも共通に現れる建物の特性です。

調査方法は?

振動機を建物の東西南北に設置し、人工的に小さな地震を発生させます。

建物の揺れを計測します。

地盤の揺れを測定します。
このとき、地盤と建物の相性(共振の可能性)についても判断します。

測定データをもとにコンピュータ解析します。

グラフを用いた詳細な診断結果報告書を作成します。

<更に>
耐震診断後に改修補強工事を行った場合の再計測も可能です。
診断報告書により耐震改修の効果をご確認いただけます。

cyousa.jpg

耐震診断結果の報告書ってどんなもの?

  • どの程度の揺れで建物に損傷が起きるか。
  • 東西南北どの面が揺れに弱いか。
  • 建物と地盤の共振の恐れ(地震の揺れが増幅する可能性)がないか。

などが具体的な数値で示されますので、改修必要箇所がより明確になり、結果として改修コスト削減につながります。

houkoku2.gifhoukoku3.gifhoukoku4.gifhoukoku5.gif

報告書をもっと詳しく

下のグラフは、想定地震(東海地震など)における揺れの大きさと、建物の耐震性能を比較したものです。

doutekisample.gif

1段目: 阪神淡路大地震での揺れの大きさをあらわします。
2段目: 想定される地震が起きた場合、調査地で予想される揺れの大きさ(最大値)をあらわします。
3~5段目: 調査物件が耐えられる揺れの大きさをあらわします。

・青色(安全性高)・・・この範囲の大きさの地震であれば建物の安全性が高い
・黄色(損傷の危険)・・・建物に損傷をきたす可能性あり
・赤色(大損傷の危険)・・・建物に大きな損傷をきたす危険性あり

耐震改修後に再測定した場合の調査結果

下のグラフは、耐震改修工事後に改めて測定した結果です。

動的耐震診断

改修前は、建物南側は震度5強までの安全性にとどまっていました。
南側と北側の安全性の差が大きく、揺れのバランスも良くありませんでした。
しかし、改修後は、南側の安全性が大きく向上し、南側と北側の格差も縮まりバランスよくなりました。
このように、耐震改修効果が一目瞭然にしてわかります。

【測定対象物件】
 木造戸建2階建て住宅(新築・リフォームどちらも測定可能です。)
 ※2階建て住宅でも構造上の理由等により測定対象外となる場合があります。

【調査時間】
 3時間程度(建物の計測に約2時間、地盤の計測に約1時間)